よくある質問


faq-620303_640

入会と退会について

Q.入会費は必要ですか?
A.入会という制度を設けておりませんので、入会費はありません。お気軽にレッスンを受けてください。

Q.退会費は必要ですか?
A.退会という制度を設けておりませんので、退会費はありません。レッスンの予約を入れなければ費用がかかる事はありません。

Q.休会費は必要ですか?
A.休会という制度を設けておりませんので、休会費はありません。レッスンの予約を入れなければ費用がかかる事はありません。


予約について

Q.予約はどのようにすれば良いですか?
A.以下の手順を参考にしてください。
1.予約ページを開いてください。
2.Skypeレッスン券を購入してください。(*1)
3.ご希望の予約日時を予約してください。
*1:当教室にて受講される場合、Skypeレッスン券を購入せず、当日のお支払いで大丈夫です。

Q.予約時のコマ数は何コマ取っても良いのですか?
A.お一人で連続2コマ以上予約して頂いて大丈夫です。(もちろんそのコマ数分のレッスン料は必要です) とは言え、(難易度にもよりますが)長時間だと一気に詰め込む事になってしまい消化不良を起こす可能性があります。多くても3コマまでにしておいた方が良いでしょう。


キャンセルについて

Q.キャンセルはできますか?
A.レッスンの前日までに予約システムからキャンセルをお願いします。なお、電話やメールでのキャンセルは承っておりません。必ず予約システムからのキャンセル処理をお願い致します。キャンセル処理が完了すればキャンセル料は発生しません。
※メールは不着や遅延の恐れがありますし、電話は出られない事が多いため、生徒様自身で予約システムからキャンセル処理をお願い致します。
なお、レッスン当日のキャンセルはできません。

Q.キャンセル処理後のレッスン料はどうなりますか?
A.返金致しかねます。別の日のレッスンでご利用頂けます。


全体的なこと

Q.プログラミングは全くの未経験ですが大丈夫でしょうか?
A.はい、大丈夫です。誰しも最初は初心者です。一つずつ勉強すれば大丈夫です。ただ、当スクールでのレッスンだけではプログラミングは身につきません。生徒様ご自身が自分でしっかりと勉強し、自分で考え、沢山プログラムを作る必要があります。逆に言えばプログラムを沢山作れば作るほど必ず覚えられます。スポーツ・楽器・語学に比べれば、プログラミングは遥かに簡単です。

Q.小学生ですが一人で受講できるでしょうか?
A.コースにもよりますが、小学生の4年生以上であれば大丈夫だろうと思います。ScratchであればSkypeとChrome・IE等のブラウザが使えればレッスン可能です。レッスンだけではなく、Skype等のツールを使うためにある程度パソコンが使えれば問題ないですが、一般的には小学3年生以下だと少し厳しいかも知れません。
当教室にて受講される場合、Skypeの使い方が分からなくても大丈夫です。

Q.高齢ですが今からプログラミングを覚えることはできるでしょうか?
A.はい、できます。高齢者の方でも覚えるという気持ちさえあれば大丈夫です。最近はご高齢の方でもパソコンにものすごく詳しい方なんて珍しくないですし、年齢が問題になることは無いと思います。確かに物覚えは悪くなっているでしょうけど、そういうものは手元にメモ書きを置いておけばいいだけです。
ただし、パソコンが使えない場合は難しいです。ある程度はパソコンに慣れ親しんでいる必要はあると思います。

Q.パソコンは非常に疎いのですが、大丈夫でしょうか?
A.プログラミングをする上でタッチタイピングは必須です。タッチタイピングができないと先に進みませんしレッスン料が無駄になってしまいますので、まずはタッチタイピングを習得してから受講して頂ければと思います。(Scratchに関してはタッチタイピングができなくても大丈夫です。遅くても文字が打てればOKです)
パソコンの使い方については、ファイルの読み書きやソフトの起動等が分かればそれほど高度な知識は不要ですが、パソコンの使い方に自信が無い方は、まずはパソコンの基本操作ができるようになってからプログラミングを学ばれた方が良いと思います。

Q.インターネット経由ではなく、直接対面で教えてもらう事は可能ですか?
A.当教室までお越し頂ければ可能ですが、自宅となりますため曜日や時間に制限がありますので、事前にご相談ください。

Q.Skypeだと対面に比べて非効率ではありませんか?
A.そんな事はありません!! ・・・と言いたいところですが、正直に申しまして当然対面の方が効率は良いです。それは否めませんが、Skypeであっても分かり易いレッスンをご提供できるように精一杯努めさせて頂きます。

Q.講師が生徒様指定の場所へ出向くことは可能ですか?
A.事前にご相談頂ければ調整可能です。姫路市~神戸市の範囲内であれば受講料と交通費(往復の実費)をご請求させて頂きます。上記範囲外の場合は受講料と交通費に加えて出張費をご請求させて頂く事があります。また、ファミレスやカフェ等でレッスンする際、生徒様の飲食費はご負担ください。講師の飲食費は講師が負担します。

Q.企業の研修や学校等でのプログラミング授業等の対応は可能ですか?
A.はい、可能です。ご要望に応じてレッスン内容をご提案致しますので事前にご相談ください。

Q.月極めという形はありませんか?
A.ありません。お仕事や急用で急遽行けなくなってしまう事があると思います。そうなるとキャンセル料が発生してしまう事があります。キャンセル料なんて勿体無いですよね。当スクールではキャンセル料が発生する確率を下げるために前日に予約を入れればOKとしています。ですので、その都度予約を取って頂いております。しかし事前にご相談頂ければ月極も柔軟に対応することは可能です。

Q.エディタの使い方を教えてもらう事はできますか?
A.Windowsの秀丸エディタであれば各コースの中で必要に応じてお教えすることはできます。また、LinuxやMacでのViやEmacsについてはごく簡単な操作方法であればお教えする事は可能です。ただ、エディタの使い方を覚えるのが目的ではありませんので、あまり詳しくお教えすることはありません。必要な手順についてその都度お教え致しますし、ご質問頂けばそれに答えるという形になります。

Q.海外在住ですが受講できますか?
A.こちらの営業時間内であれば可能です。インターネットを通してSkypeを使いますので海外在住であっても問題ありません。


開発環境のこと

Q.開発環境は自分で購入するのでしょうか?
A.はい、開発環境はご自分で購入をお願いします。無料で揃えられるものについては各コースの詳細ページにてご紹介致します。

Q.開発環境は自分で構築するのでしょうか?
A.最初のレッスンもしくは無料体験時に開発環境の構築方法をお教え致します。ただ、開発環境の構築にレッスンを使うと、せっかくのレッスン時間や料金がもったいないため、可能であれば事前にご自身で構築される事をオススメ致します。環境の構築手順は各コースの詳細ページをご参照ください。


レッスンについて

Q.(生徒様の)手持ちの書籍を元にカリキュラムを組んで欲しいのですが、可能ですか?
A.はい、可能です。生徒様が購入されたお手持ちの書籍で進めていく事は可能です。こちらでも同じものを購入してそれをカリキュラムとします。当スクールが同じ書籍を購入する際の費用は当スクールで負担致します。生徒様の書籍購入費用は生徒様のご負担でご購入ください。
なお、事前準備がございますので、遅くともレッスン日の一週間前までにはご相談ください。
当教室にて受講される場合、レッスン当日ご持参ください。当スクールは後日同じ書籍を購入し、その後のレッスンをさせて頂きます。

Q.複数のコースを同時に受講できますか?
A.はい、できます。ただ、1つのコマの中で複数コースのレッスンは出来ません。受講したいコース分の予約を取ってください。

Q.レッスンのテキストは何かありますか?
A.コースによって違いますので一概には言えませんが、基本的にはレッスン内容を説明したテキストはありません。しかし教材となるサンプルプログラムがありますので、それを元に解説をするというスタイルです。サンプルプログラムはお渡し致しますし生徒様にもプログラミングして頂きます。
まずは手っ取り早く何かを動かす事を再優先としています。
レッスンテキストが欲しい場合は、市販の書籍を使ってレッスンを進めるという形を取ります。
いずれにせよ、どのような形で進めるのが良いかは初回もしくは無料体験の時にお話ししたいと思います。

Q.1つのレッスンを複数人で受講することはできますか?
A.当教室にて受講される場合、複数人(最大3人まで)での受講は可能です。その場合レッスン料はそれぞれ500円ずつ割引させて頂きます。
Skypeにて受講される場合、複数人受講は不可です。レッスンの画面を見るだけであれば何人で見て頂いても構いませんが、レッスン自体はお一人様だけに対して行います。

Q.子どもがどういうレッスンを受けるのかそばで見ておきたいのですが。
A.当教室にて受講される場合、どうぞご覧ください。
Skypeにて受講される場合、お子様のお隣りに座ってご覧ください。見づらければ拡張ディスプレイを使うなどしてご覧頂ければと思います。
但し、いずれの場合でもレッスン時間中はお子様や講師へ話しかける事は極力お控えください。

Q.親子で同時に受講したいのですが。
A.可能です。複数人で受講するパターンになりますので、『Q.1つのレッスンを複数人で受講することはできますか?』をご参照ください。
親子で同じ物を勉強するのはお子様のモチベーションアップにもつながるかと思います。

Q.50分というレッスン時間で確実に何かを得られるのでしょうか?
A.はい、少なくとも一つは覚えて頂けるように致しますが、しかし、確実に何か一つ以上を覚えてもらうためにプログラム言語やプログラムのソースコードを説明するのに50分というのはかなり短いです。50分のレッスンで本当に身に付くことは少ないと思います。実際にレッスン内でプログラミングをしてもらうとプログラミングについての説明は20分ぐらいとなってしまいます。わずか20分程度の説明では学べる量が少なくなってしまいますので、場合によっては説明を長く取り、生徒様にプログラムコードを書いてもらうのはレッスン後に宿題という形にさせて頂く事もあります。
プログラミングを覚えるためには、自分でプログラムを書く→動かす→書く→動かす→書く→・・・・という反復作業がとても大切です。聞いたり読んだりしただけではプログラミングは覚えられません。指が記憶するぐらいキーボードを叩けば必ずプログラミングは覚えられます。
レッスンではプログラミングの考え方や命令の使い方等を聞き、レッスン後に自分でソースコードを沢山書いて沢山動かして沢山修正して・・・ということを繰り返してください。
繰り返さなければ絶対に覚えられませんが、繰り返せば必ず覚えられます。
スポーツ・楽器・語学の習得と同じように反復が大切です。体が覚えるまで数多くプログラミングするのが一番早いですし確実に覚えられます。
スポーツ・楽器・語学に比べて、プログラミングなんて遥かに簡単だと思います。
スポーツ・楽器・語学はやってもできない事は山ほどありますが、プログラミングにはそんなに大きな山なんてありません(もちろん勉強をすればですが)。


パソコンについて

Q.教室で対面で受講する場合、パソコンの貸出はありますか?
A.2015/12/11現在:貸出用パソコンは1台あります(*1)。
しかし、できれば生徒様ご自身のノートパソコンをお持ちください。理由は、パソコンによってキーボードの配置が違う事があります、フォルダ構成も違う事があります。こういった違いが戸惑いになって学習の妨げになる事があります。ご自身が使っているパソコンであれば操作に戸惑いがなくなりますので学習しやすいかと思います。
Skypeにて受講される場合、もちろんですが生徒様ご自身のパソコンをお使いください。
*1:MacBook Air 11インチです。外部ディスプレイ、Windows用キーボード、マウスを接続可能です。MacOSもWindows7もどちらかを使用できます。結構使いにくいのではないかと思いますが、これで良ければ貸出可能です。


Skypeについて

Q.Skypeではカメラ必須ですか? 顔を出すのは嫌なのですが・・・・。
A.カメラは不要です(顔を映すにしても最初の数分だけですし)。マイクとヘッドフォン(もしくはスピーカー)は必須です。声とデスクトップ画面のやり取りさえできれば大丈夫です。

Q.Skypeの使い方が分かりません。
A.Skypeの使い方のページを準備しておりますので、そちらをご覧ください。また、それ以外にもインターネット上にはスカイプの使い方を説明したサイトが沢山あります。『スカイプ 使い方』等の語句で検索してそちらをご参考になさってください。
当スクールではSkypeの使い方をお教えすることはしていませんが、ご要望があれば有料にて対応は可能です。但し当教室にお越し頂く事になります(生徒様ご自身のノートパソコン持参必須)。


Excel VBAコースについて

Q.一般的なパソコン教室で教えるようなExcelの基本的な使い方や表やグラフの使い方は教えてもらえますか?
A.Excel VBAを覚えていく中で必要な操作方法等はお伝えしますが、Excelの基本的な使い方についてはお教えしておりません。(もちろん分からない操作についてはその都度お聞きください)
ただ、書籍をご準備頂ければその書籍に沿ってレッスンすることは可能です。事前にご相談ください。
当スクールが同じ書籍を購入する際の費用は当スクールで負担致します。生徒様の書籍購入費用は生徒様のご負担でご購入ください。

Q.多少はプログラミングの経験があるのですが、習う事にメリットはありますか?
A.プログラミング経験があるのであれば、ご自分で書籍を勉強しても良いと思います。
当スクールで習うことにメリットがあるかと言えば、無いとは言いませんが少ないと思います。
もしもご受講頂くとなれば、Excelに関する処理の部分だけを学んで頂けるように調整致しますので事前にご相談ください。

VBAだけに限らず、プログラミング言語はどれも似たような機能を持っています。ざっと上げると、変数・分岐(if等)・繰り返し(for/while等)・比較・四則演算・代入/参照・配列・関数、ぐらいの基本的な部分はそれほど大きく変わりません。記述の仕方やちょっとした使い方が変わるぐらいです。
もちろんそれぞれに独自の機能がありますので、そういった部分は新たに覚える必要はあります。しかしイチから覚えるわけではありませんので、一つのプログラミング言語を覚えているなら他のプログラミング言語を覚える事は独学でもそう難しくはないと思います。
レッスンを受ける費用を書籍の購入に充ててプログラミングをしまくる方が効率は良いと思います。(当スクールの儲けにはなりませんが・・・笑)